『現役官僚の滞英日記 』橘宏樹 2月1日発売

¥ 2,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

BASE限定価格!
定価3,024円のところ、2,800円で発売中です。

■東京大学 藤原帰一教授 推薦
「知ってるつもりでも、そのところ実は何もわかってないのがイギリスです。オックスフォード大学とロンドン・スクール・オブ・エコノミクスという世界でも飛びきりの二つの大学で学んだ著者が語るイギリス社会と政治の姿は、等身大なのに、奥が深い。一読すれば何枚も何枚も目から鱗が落ちてゆくことをお請け合いいたします。」

■目次
はじめに

第1章 24 億人の首都ロンドン
1. なぜイギリスなのか?
2. 君臨するか、受け止めるか。教え方のスタイル
3. ロンドンの都市構造と保守党政権の「ナッジ」的施策
4.「世界」に手が届く場所で
5. グローバル金融市場の中心「シティ」の存在感
6. 芸術は誰のためのものか――「設計」される市民と芸術の距離
7. オリンピックからイノベーションまで地下鉄4駅!?――イースト・ロンドンの再開発事情
8. テレビから読み解くイギリスのマスカルチャー

第2章 「先進する国」イギリスの戦術
9. イギリスの情報公開は本当に進んでいるのか
10. イギリスに「失言」をする政治家はいないのか?
11. 英国総選挙2015――イギリスが日本に学ぶ日
12. 「無戦略」を可能にする5つの戦術――イギリスの強さの正体

第3章 エリート再生産システムとしてのオックスフォード
13. 日本の大学ランキングはなぜ上がらないか
14. 学園都市の異常なる日常――人文系軽視なんてとんでもない !?
15. サンデル教授の「白熱教室スタイル」では足りない !? オックスフォード教育の本質は「ネオ・パターナリズム」にあり
16. オックスフォード大教授との対話で得られた「5つの戦術」論へのフィードバック

第4章 階層分断とBrexit(EU離脱)の衝撃
17. Brexit (英国EU離脱)国民投票
18. EU離脱「決定」の報道は間違い !? ここからが英国政治の真骨頂
19. エリートの自滅――問われるコミュニティブ・リーダーシップの真価

第5章 英国エリートの流儀
20. 「英国型プラットフォーム」とはなにか――「プロデュース理論」で比較する日英のイノベーション環境
21. ブリティッシュ・ドリームの叶え方 ――英国版「わらしべ長者」と3つのキャピタリズム

第6章 日本への提言
22. もう始まっているかもしれない!? 第三次世界大戦を止めるため、僕たちにできること
23. サマータイムよりもアツい政策?
24. 視野は「何のために」広げるのか?――日本に求められる「E字型」人材とその育成について
25. 履歴書に「?」と「!」を盛り込め! ――難関・オックスフォード入試を突破するために必要なこと
26. イギリスから何を学ぶか

おわりに

■内容紹介
「ならば、今すぐ日本人どもすべてに “英" 知を授けてみせろ! 」
EU離脱にも揺らがない、英国エリートたちの生存戦略
・英語圏最難関校に留学した現役官僚が、激動のイギリス情勢をリアルタイムに分析
・“課題先進国" の先輩イギリスから学ぶ、日本再生のヒントとは
・難関オックスフォード大学入試成功の秘訣を伝授!

欧州最古の名門総合大学「オックスフォード」、英語圏最高峰の社 会科学研究機関「LSE」の両校に留学した若手官僚が英国社会 のエートスをリアルタイムに分析。大英帝国が没落してなお、国 際的地位と持続的成長を保ち続けるイギリスに “課題先進国" 日 本再生のヒントをさぐる、刺激的な留学ドキュメンタリー。

■著者について
官庁勤務。2014年夏より2年間、英国の名門校LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス)及びオックスフォード大学に留学。NPO法人ZESDA(http://zesda.jp)等の活動にも参加。趣味はアニメ鑑賞、ピアノ、サッカー等。twitterアカウント:@H__Tachibana

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

商品の評価

  • 『現役官僚の滞英日記 』橘宏樹 2月1日発売

    『現役官僚の滞英日記 』橘宏樹 2月1日発売

  • 『現役官僚の滞英日記 』橘宏樹 2月1日発売

    『現役官僚の滞英日記 』橘宏樹 2月1日発売