PLANETS公式オンラインストア

2021/09/13 14:35


宇野です。今日はこの「都市」特集の目玉企画の一つ、松田法子さんの論考を紹介します。松田さんは京都府立大学の都市史、建築史を専門にしている研究者で、『ブラタモリ』などへの出演でも知られています。僕らとのかかわりは「遅いインターネット」のウェブマガジンで上妻世海さんとの対談がきっかけで、僕はこの対談の原稿を最初に読んでから、次の紙の本は絶対にこの人に依頼しよう、とずっと思っていました。

京都の松田さんと何度かZoomで打ち合わせをして、松田さんが選んだテーマは「東京」です。松田さんは、6月に5日間に及び東京を歩きました(最終日は僕たちも合流しています)。そして東京の「湧水」をその足で巡りました。湧水は台地と低地の間に表れます。そしてそこは人間の居住地と生産地(漁場や水田)との境界線にある。この湧水をめぐることで、いまは東京と呼ばれているこの土地を人間がどう利用してきたかを浮かび上がらせます。そして、そこから、現在の鉄道網を中心とした東京の構造を重ね合わせます。そして、二枚の地図が重ね合わされることで、この東京という街の特徴、いびつさ、そして課題が意外な側面から現れてくる。そんな、スリリングな論考です。







PLANETS公式オンラインストアでは、『モノノメ 創刊号』の通常版に加え、47,000字を超える「『モノノメ 創刊号』が100倍おもしろくなる全ページ解説集」つきの限定版も予約受付中です。