PLANETS公式オンラインストア

2021/09/13 14:55



宇野です。今日は鞍田崇『生きる意味への応答―民藝と「ムジナの庭」をめぐって』について紹介したいと思います。鞍田さんは哲学研究者の立場から「民藝」について扱っている人で、僕とは、何年か前に明治大学のシンポジウムで同席して知り合いました。その後、個人的に何冊か本を読ませていただいて、去年ロングインタビューをさせてもらいました。そして、このとき僕は自分の次の雑誌には絶対に書いてもらおう、と決めていました。

インタビューでもおっしゃっていますが、鞍田さんは100年前に「民藝」運動が無名の職人たちの仕事に見出していたものを、いまはーーこの「モノ」ではなく「コト」が価値を帯び、シェアされる時代においてはーー別のかたち(モノではなくコト)にあらわれていると考えている。そしてタイトルにもある「ムジナの庭」は、鞍田さんのパートナーである鞍田愛希子さんの主宰する福祉施設です。この「ムジナの庭」の構造に、意匠に、佇まいに、もっと言ってしまえば空間とそこに集まった人たちとの関係に、鞍田さんはかつて柳宗悦が民藝に見出したものの現在形を発見します。鞍田さんの人柄の出た、優しい文体のテキストですが、その展開はスリリングです。

そして、雑誌を読み通すとこの鞍田さんの論考が柳宗悦とアレグザンダーとを結びつけて、現代の情報社会の混迷の突破口を模索した井庭崇さんの論考と通じていることに気がつくと思います。僕は鞍田さん、井庭さんとまったく別のルートでそれぞれ知り合っていて、二人の交流に気がついたのはだいぶあとでした。今回の依頼もばらばらに行ったのだけれど、ふたりとも、それぞれの切り口で同じ問題を攻めている。こうした奇妙なシンクロニシティを生む「場」こそが、実は鞍田さんが「ムジナの庭」に見出している可能性でもあります。そしてこの『モノノメ』も、そういう「場」であればいいなと思っています。





PLANETS公式オンラインストアでは、『モノノメ 創刊号』の通常版に加え、47,000字を超える「『モノノメ 創刊号』が100倍おもしろくなる全ページ解説集」つきの限定版も予約受付中です。